会社概要

会社概要

昭和39年創業。当時は米国製輸入ジュークボックスが主力でした。その後、今のカラオケの原型の8トラテープカラオケが登場し、時代の流れにあわせCD,VHD,LDカラオケと商品は進化していきました。そして平成4年に当時の新開発の通信カラオケのエクシング・JOYSOUNDを京都で初めて取扱い、その後第一興商のDAMをメインに展開。現在DAM、JOYSOUNDの全機種を取扱っています。また、カラオケの他に業務用音響設備の設計・施工、AV機器の販売音響関連イベントの企画などを行っています。

創業以来、「音」にこだわり、人と人が「響」きあい、楽しい会話がはずむ空間づくりを大切にしています。


社 名 東洋音響株式会社
所在地 〒610-1142 
京都市西京区大枝東新林町2-11
TEL.075-332-0234(代)  [WEST]TEL.075-332-1919
FAX.075-332-0100
http://www.toyoonkyo.com/
E-mail:info@toyoonkyo.com
代表取締役 窪添 唯洋
創 業 昭和39年4月1日
法 人 設立 昭和40年5月1日
資本金 1000万円
部 門 AVS(オーディオビジュアルシステム営業部)
WEST(イベント営業部)
営業内容 音響・映像・照明・カラオケ機器の販売・レンタル
総合イベント企画・式典・催事用品レンタル
従業員数 10名
主仕入先 第一興商・エクシング
BOSE・YAMAHA・TOA・UNI-PEX・TEAC・Pioneer・UETAX・JVCKENWOOD・日照・カナレ・EVIオーディオ
取引銀行
  • 京都中央信用金庫/洛西支店
  • 京都信用金庫/洛西支店
  • 滋賀銀行/桂支店
  • 三菱東京UFJ銀行/京都支店
  • 商工中央金庫/京都支店
加盟団体
(順不同)

ページの先頭へ


沿革

昭和39年 外国製ジュークボックスの輸入販売 レンタル業務を大阪市東淀川区にて営業開始。
昭和40年 営業所を京都市西京区に移転。 国産ジュークボックス販売・レンタル開始。
昭和41年 日本ビクターのJB営業部門の京滋地区販売。サービス代行開始。 有線放送との自動切換を、リレーを使用して開発。 外部スピーカー販売。
昭和53年 現在地(京都市西京区大枝)に移転。
昭和58年 カラオケ登場。事業展開開始。JR西日本の洋風サロンカーや イベント列車にカラオケAVシステムを搭載。
昭和63年 第43回国民体育大会にてPA・カメラシステムをレンタル。
平成2年 レンタルショップ「WEST」開業。
平成4年 業界初の通信カラオケ「ジョイサウンド」を取り扱う。
平成11年 カラオケボックスやナイト市場に通信カラオケを多数納入。 イベント営業(学園祭・竣工式など)を多数手掛ける。
平成12年 京都を中心に多数の特養・老健など介護施設にAV設備・カラオケ機器を納入。
平成13年 プラズマディスプレイやホームシアターの需要に伴い、ブロード バンドに対応するAVシステムを手掛ける。
平成14年 業界トップ(株)第一興商との取引を強化。あらたに、通信カラオケDAM-G50Ⅱ「cyber DAM」の取扱い(販売・レンタル)を開始。
平成15年 DAM-G100 「 BB Cyber DAM 」の取扱い(販売・レンタル)を開始
宴会場用移動通信カラオケ パーティDAMⅢを販売開始。
平成18年 チャペルウェディング市場多数に音響・映像・カラオケ設備を納入。
平成19年 京都・滋賀・大阪の多数の福祉施設にエルダー対応カラオケを納入。
平成21年 地上デジタル放送化を前に地デジ液晶TVを旅館ホテル等へ納入。ポイント制度への対応開始。
平成22年 DAM-XG5000 「 LIVE DAM 」 ・ JS-WX 「 CROSSO 」 の取扱開始。
平成23年 アナログ放送終了前の駆け込み需要により、地デジ対応TV販売台数1000台突破。
平成24年 DAM-XG5000G「LIVEDAM GOLD EDTION」、DAM-G100Xの取扱開始。
JS-F1、JS-FRの取扱開始
平成25年 DAM-PD100HD「PARTY DAM HD」の取扱開始。
JOYSOUND FESTAの取扱開始。

ページの先頭へ


東洋音響株式会社

  • 〒610-1142
  • 京都市西京区大枝東新林町2-11
  • TEL.075-332-0234(代)
  • FAX.075-332-0100